ドメインを購入する際には、まず新規ドメインを購入したいのか、中古ドメインを使用したいのかを決めておかなければなります。どちらも同じドメインですが、どんなサイトに使いたいのかで大きく買う理由が異なってきます。

ドメイン購入の手引き

gmailとドメインの選び方について

電子メールのイメージメールアドレスはフリーで利用できるタイプが主流になってきていますが、プライベートでもドメインを取得して使っている方も少なくありません。ドメインを利用するかどうかは個人差がありますが、一般的に多い選び方についていくつかまとめてみます。もっとも多い利用の仕方としてはフィルタリングに引っかからないことが重要視されるようです。gmailは使い勝手の良いWebメールサービスですが、フィルタリングサービスによっては弾かれてしまい、受信できなかったり、送信がキャンセルされてしまうケースが多いようです。特に企業での利用では問題が起こりやすいです。また、gmail以外でもYahooなどでも同様の問題が発生しやすいです。そこで独自ドメインでメールを利用する場合が増えています。ただし、新規に取得する場合はブラックリストに載っていないことを確認したいところです。メールアドレスについてはスパムで利用されているとブラックリストに載せられ、情報共有されてしまいます。削除することもできるのですが、古い情報を活かすサービスもあるので載ってしまったら解除できないと考えておきたいです。一般的に新しいドメインなら問題になりづらいのですが、フィルタリングに引っかかってしまう場合はブラックリスト入りをチェックしておく必要があります。メールアドレスについてはgmailへの対応も進んでいますのでフィルタリングに引っかからなくはなってきていますが注意が必要です。gmailについてはドメインを設定することもできます。特に企業向けのサービスでは利用者が増えており、ウェブメールサービスとして利用する企業が多くなっています。また、POP3にも対応しますのでクラウド型のメールサーバとしての利用も活発です。メールサーバとして利用する場合は通常のメールサーバと同じように設定できますのでさまざまなメールに対応できます。独自にメールサーバを建てるかgmailを利用するかの選び方はコストで考えても良いかもしれません。VPSなどを使えば電気代を考慮する必要がなく、サーバの容量が許す限りアカウントも作成できますが、OSのアップデート作業などもあるので人件費がかかります。対してグーグルのサービスはビジネス向けを利用すれば人件費が大幅にカットでき、また、容量についても無制限コースも用意されていることから使い勝手がとてもよく、また、広告が表示されないという利点もあります。

関連記事一覧

  • 一回払いはドメイン購入や登録料支払いの基礎

    ドメインを購入したり登録する時は、一回払いが原則で、基礎として理解する必要があります。 一般的に、ドメインは年間費用が数千円から1万円の間で、分割払いを選ぶ利点はないと考えられます。 また、あえて分割払いを選ぶと、支払いが煩雑になったり、回数分の手数料が増える可能性があります。 基礎に従うなら

  • ドメインを育てるのに有効なSEOと有害なSEO

    強いドメインを育てるにはキーワード選定、被リンク、コンテンツといったSEO対策が不可欠です。 SEO対策ではコンテンツの制作に入る前に、まずはキーワード選定を行います。有効なキーワード選定を行うには客観的データに基づいた選定作業が不可欠ですが、そのためには各種のツールを利用します。Googleのサジ

  • ドメインの情報を得るならハナサキガニ

    中古ドメインを購入するにあたってそのサイトがどのようなものかを確認する必要がありますよね。以前まではページランクがあったため、それだけ見て購入を決める方もおられましたが、2016年にページランクの廃止が行われてからは自分自身で情報を得る必要が出てきました。有料から無料のものまで様々なツールが出てきま

  • gmailとドメインの選び方について

    メールアドレスはフリーで利用できるタイプが主流になってきていますが、プライベートでもドメインを取得して使っている方も少なくありません。ドメインを利用するかどうかは個人差がありますが、一般的に多い選び方についていく

    電子メールのイメージ