ドメインを購入する際には、まず新規ドメインを購入したいのか、中古ドメインを使用したいのかを決めておかなければなります。どちらも同じドメインですが、どんなサイトに使いたいのかで大きく買う理由が異なってきます。

ドメイン購入の手引き

一回払いはドメイン購入や登録料支払いの基礎

ドメインを購入したり登録する時は、一回払いが原則で、基礎として理解する必要があります。

一般的に、ドメインは年間費用が数千円から1万円の間で、分割払いを選ぶ利点はないと考えられます。

また、あえて分割払いを選ぶと、支払いが煩雑になったり、回数分の手数料が増える可能性があります。

基礎に従うなら、ドメインに関する支払いは一回払いが基本であって、有効期限の延長タイミングに合わせ、契約更新を行うことが重要です。

通常、ドメインの取得や保有の契約は、業者に依頼して手続きが行われます。

国内の業者であれば、正しい手順で契約が交わされるので、特別不安視をしなくても大丈夫でしょう。

しかし、海外の業者を選択したり、信頼性が不明な相手に任せる場合は、契約を希望して代金を支払ったという、本人を証明することがトラブル回避や解決の手段になります。

代金の支払方法は、業者によって違うものの、銀行振り込みからクレジットカード払いまで、実に幅広く用意されています。

この内クレジットカードは、支払い手続きから決済までの時間が短く、手続きを行った本人の証明も行えるので、理想的な支払いの選択になります。

特に海外の業者は、銀行振り込みに対応していないこともありますから、クレジットカードを用意して、支払いのタイミングに備えることが大切です。

一方では、安全性の観点でも、カードの一括払いが有効な手段になるでしょう。

クレジットカード会社は、支払いの手続きが要求された後、決済に問題がないか検証してから、正式な決済手続きに移行します。

つまり、手続きにタイムラグが存在するので、購入や登録を任せる業者に問題があれば、被害を受ける前に避けることが出来ます。

このように考えると、一回払いより分割の方が安全では、そう思われることが少なくありません。

分割が有効なのは、一度に大量のドメインを登録する場合で、一回払いが難しい時の手段になり得ます。

勿論、相手が納得して受け入れている必要がありますから、どのようなケースでも一回払い以外が選べるとは限らないでしょう。

購入を検討する場合は、登録料が年間数千円から済むこと、そして通常は分割払いが認められない、この二点を基礎として覚えることが必要です。

基礎さえ覚えてしまえば、後は実践あるのみですし、一度手続きを始めて無事に完了すると、次に向けて自信を得るチャンスになります。

最初から数年分、まとめて登録料の支払いを済ませることで、契約更新の手間が省けると覚えておくのもポイントです。

関連記事一覧

  • 一回払いはドメイン購入や登録料支払いの基礎

    ドメインを購入したり登録する時は、一回払いが原則で、基礎として理解する必要があります。 一般的に、ドメインは年間費用が数千円から1万円の間で、分割払いを選ぶ利点はないと考えられます。 また、あえて分割払いを選ぶと、支払いが煩雑になったり、回数分の手数料が増える可能性があります。 基礎に従うなら

  • ドメインを育てるのに有効なSEOと有害なSEO

    強いドメインを育てるにはキーワード選定、被リンク、コンテンツといったSEO対策が不可欠です。 SEO対策ではコンテンツの制作に入る前に、まずはキーワード選定を行います。有効なキーワード選定を行うには客観的データに基づいた選定作業が不可欠ですが、そのためには各種のツールを利用します。Googleのサジ

  • ドメインの情報を得るならハナサキガニ

    中古ドメインを購入するにあたってそのサイトがどのようなものかを確認する必要がありますよね。以前まではページランクがあったため、それだけ見て購入を決める方もおられましたが、2016年にページランクの廃止が行われてからは自分自身で情報を得る必要が出てきました。有料から無料のものまで様々なツールが出てきま

  • gmailとドメインの選び方について

    メールアドレスはフリーで利用できるタイプが主流になってきていますが、プライベートでもドメインを取得して使っている方も少なくありません。ドメインを利用するかどうかは個人差がありますが、一般的に多い選び方についていく

    電子メールのイメージ