ドメインを購入する際には、まず新規ドメインを購入したいのか、中古ドメインを使用したいのかを決めておかなければなります。どちらも同じドメインですが、どんなサイトに使いたいのかで大きく買う理由が異なってきます。

ドメイン購入の手引き

ドメインを育てるのに有効なSEOと有害なSEO

強いドメインを育てるにはキーワード選定、被リンク、コンテンツといったSEO対策が不可欠です。
SEO対策ではコンテンツの制作に入る前に、まずはキーワード選定を行います。有効なキーワード選定を行うには客観的データに基づいた選定作業が不可欠ですが、そのためには各種のツールを利用します。Googleのサジェスト機能やGoogleトレンド、Google AdWordsなどが有用なツールになります。これらを用いて、サイトのメインキーワードに対するサブキーワードを選定していきます。また、実際の運営を開始した後に検索クエリを把握することで、キーワード選定の再評価を行うことも重要です。
キーワード選定の段階を経た後に、コンテンツの制作にとりかかります。計画したキーワードを盛り込んだコンテンツを用意していくことになります。ここでのコンテンツの良し悪しが、被リンクの成果にも影響してきますので、キーワード選定やコンテンツ制作は被リンク対策として非常に重要になります。コンテンツが良ければ、SNSでの拡散などが期待できるようになり、結果として被リンクが増えるということになります。さらには、キーワードの選定が優れていればいるほど、同じコンテンツでも検索結果の表示順位に好影響を与えるので、ユーザーの目にとどまる確率が増えます。被リンクを受けているランディングページを特定して、どのような被リンクからどのようなアンカーテキストでアクセスが発生しているかを把握することも、その後のコンテンツ作りやキーワードの選定、被リンク対策に有用です。これらの情報の特定にはGoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスを利用します。
キーワード選定においてSEOに有害な結果をもたらす事項としては、大量のキーワードをコンテンツに含めることなどが挙げられます。いくらキーワードに特化していると言っても、キーワードが不自然に多いとサーチエンジンに評価されない可能性があります。被リンクに関しては、リンク販売業者からリンクを購入したり、自動生成されたリンクや、過剰にキーワードを盛り込んだアンカーテキストを用いたリンクなど、不自然なものはSEOにおいて有益とは言えないでしょう。中古ドメインを使用したサイトの場合、被リンクがスパムサイトのものであったり、同一ドメインからの大量リンクであった場合なども、SEO的にデメリットが多いため、注意が必要です。
ドメインを育てるにはSEOに有益な対策を講じて、有害な被リンクなどを排除することが重要になります。

関連記事一覧

  • ドメインを育てるのに有効なSEOと有害なSEO

    強いドメインを育てるにはキーワード選定、被リンク、コンテンツといったSEO対策が不可欠です。 SEO対策ではコンテンツの制作に入る前に、まずはキーワード選定を行います。有効なキーワード選定を行うには客観的データに基づいた選定作業が不可欠ですが、そのためには各種のツールを利用します。Googleのサジ

  • ドメインの情報を得るならハナサキガニ

    中古ドメインを購入するにあたってそのサイトがどのようなものかを確認する必要がありますよね。以前まではページランクがあったため、それだけ見て購入を決める方もおられましたが、2016年にページランクの廃止が行われてからは自分自身で情報を得る必要が出てきました。有料から無料のものまで様々なツールが出てきま

  • gmailとドメインの選び方について

    メールアドレスはフリーで利用できるタイプが主流になってきていますが、プライベートでもドメインを取得して使っている方も少なくありません。ドメインを利用するかどうかは個人差がありますが、一般的に多い選び方についていく

    電子メールのイメージ
  • ドメインでsslを抜くことなくサイトを運用する

    サイトを運営する際に必須項目になってきているのがセキュリティ対応です。特に改ざん防止やスパム防止についてはサイト運営者にとって必要最低限とも言われており、特に企業では対応が遅れると大変な事態になりかねないとして対

    セキュリティのイメージ