ドメインを購入する際には、まず新規ドメインを購入したいのか、中古ドメインを使用したいのかを決めておかなければなります。どちらも同じドメインですが、どんなサイトに使いたいのかで大きく買う理由が異なってきます。

ドメイン購入の手引き

ドメインの情報を得るならハナサキガニ

中古ドメインを購入するにあたってそのサイトがどのようなものかを確認する必要がありますよね。以前まではページランクがあったため、それだけ見て購入を決める方もおられましたが、2016年にページランクの廃止が行われてからは自分自身で情報を得る必要が出てきました。有料から無料のものまで様々なツールが出てきましたが、バックリンクを調べるツールとして人気なのがハナサキガニです。無料で使えるツールの中では、かなり優秀なツールでバックリンクの質を確かめるのに役立っています。アンカーテキストやリンク先のURL、過去のランクなどを表示してくれるためバックリンクの良し悪しを確認できるというわけです。とはいえバックリンクの数も無料ツールということもあってか、情報量が少なく、物足りないという方もおられるかもしれません。そのような方は有料ツールとはなりますが「Ahrefs」がおすすめです。バックリンク数やドメイン数、アンカーテキスト、オーガニックキーワード、PPC広告のリスティングワードなど非常に幅広い情報を確認することができます。競合サイトの調査にも利用可能で、情報量も豊富なので不便に感じることはほとんどないでしょう。ただし料金が高く月額99$(月額12,000円程度)が必要となります。負担額も大きいですが、本格的にサイトの調査をするときには必須ツールと言っても過言ではありません。ハナサキガニで物足りないという方は是非一度活用してみてください。またハナサキガニやAhrefsで情報収集したとしても過去のサイトとこれから作るサイトがかけ離れていてはリンク効果やドメインパワーが落ちてしまいます。過去の更新でどのようなサイトとして使われているかを調べるのにオススメなのが「WayBackMachine」です。こちらは無料ツールとなっており、サイトの更新が行われたタイミングで変更状況を確認できるという優れもの。無料で使える割には、利便性も高いので過去の運営状況を確認するのに使ってみてください。サイトを上位表示させるためにはリンクだけでなく、コンテンツの一貫性、ドメインエイジなど様々な要因があると言われています。ここで紹介したツールを使いながら、サイトの情報を得るのはもちろんのこと、ドメインの価値を高めるために日々更新し続けることが重要です。理想は毎日ですが、1週間に1回でも更新するようにしましょう。上手に活用して、サイトの上位表示に役立ててくださいね。

関連記事一覧

  • ドメインを育てるのに有効なSEOと有害なSEO

    強いドメインを育てるにはキーワード選定、被リンク、コンテンツといったSEO対策が不可欠です。 SEO対策ではコンテンツの制作に入る前に、まずはキーワード選定を行います。有効なキーワード選定を行うには客観的データに基づいた選定作業が不可欠ですが、そのためには各種のツールを利用します。Googleのサジ

  • ドメインの情報を得るならハナサキガニ

    中古ドメインを購入するにあたってそのサイトがどのようなものかを確認する必要がありますよね。以前まではページランクがあったため、それだけ見て購入を決める方もおられましたが、2016年にページランクの廃止が行われてからは自分自身で情報を得る必要が出てきました。有料から無料のものまで様々なツールが出てきま

  • gmailとドメインの選び方について

    メールアドレスはフリーで利用できるタイプが主流になってきていますが、プライベートでもドメインを取得して使っている方も少なくありません。ドメインを利用するかどうかは個人差がありますが、一般的に多い選び方についていく

    電子メールのイメージ
  • ドメインでsslを抜くことなくサイトを運用する

    サイトを運営する際に必須項目になってきているのがセキュリティ対応です。特に改ざん防止やスパム防止についてはサイト運営者にとって必要最低限とも言われており、特に企業では対応が遅れると大変な事態になりかねないとして対

    セキュリティのイメージ